就職してよかった!現役塾講師は語る【元専業主婦の場合】

元々は専業主婦であった人が塾講師として働くというのはとても思い切った事でしょう。
専業主婦になる前に経験をしたことがある人であればまだ話しは分かります。
多少のブランクはあっても、だんだんと思い出せるものがあるからです。
ですが経験のない主婦がパートとして塾講師になるというのはとても挑戦的な考えです。

ですが、私は就職してよかったと思えます。
おそらく私にとっては天職だったのでしょう。
そもそも塾講師にパートという形があるのを知っていましたか?
パートというと通常であれば午前中からお昼過ぎくらいまでの短い時間というイメージが強いです。
ですが、近年ではそのパートの時間も長くなってきていますので、夕方くらいまで働いている主婦の方も非常に多くいらっしゃいます。
それでも塾というのは、生徒が学校を終えた後の夕方から夜までの時間帯が主でしょう。
そうなるとパートの塾講師というのは何をするのかというと、受験生などの対応が主になります。
時期は少し限られてしまいますが、受験生というのは授業も他の学年よりも少なくてその分勉強に専念できる時間があります。
そしてその時間を塾で過ごす生徒は多いのです。
その時に主婦の講師というのは、勉強以外の悩みも聞きながら話しを聞いてくれるとてもいい味方なのです。